クレジットカードとインターネットバンキング

振込み、振替え、残高参照などが自宅にいながら行えるインターネットバンキングは現在、窓口業務の軽減、運営コストを低く抑えられることをメリットとし、注目されています。利用者にとっても店舗まで足を運ばずにインターネットを使えば利用できるので、便利なシステムです。インターネットバンキングはパソコンが普及している若年層の開拓にもつながり、有効な手段としてクレジットカードの自動引き落としも可能となっています。店舗を有さない銀行、自宅にいながら利用できる銀行のニーズは、銀行や郵便局が不足している田舎のほうが高いのです。しかしそうした田舎では高齢者が多くクレジットカードもインターネットバンキングも全く馴染みのないしろものであり、実際に利用する人がいないのも事実です。