電化製品とクレジットカード

最近は電化製品を購入するときには、たいてい現金ではなくクレジットカードで買います。近くの家電ショップに行っていくつかの候補の中から実際に触ってみて、良さそうなものを選定するのです。後はカタログに載っているスペックを比較して、優れているポイントや気になるところがあれば家電ショップの店員に聞いたりするのです。

そして、価格の高い電化製品の場合は、ライバルの電化製品のショップに行って同じように話をする事があります。普通はここで価格競争をして安い所で購入するというのが基本だと思います。

ただこの価格競争するときにいつも参考にするのが、ネットの価格比較サイトです。このサイトは国内の大手のネットショップのほとんどが登録しているので、ここでの最安値がベストである事が多いのです。

近くの家電ショップが同じ価格ならそのまま購入しますが、しばらく待てるのであればネットの情報から最安値のショップを選んで、通販で買う方法を選んでいます。その時の私の選考基準はクレジットカード決済です。

ネットで商品を買うときに、指定の銀行へ振り込みをする作業が手間だし、ここで手数料がかかってしまうのです。商品が配達されたときに商品代金を支払う代引きを選ぶ時には代引き手数料が出るのです。

このような手間のかかる決済を回避できるのがクレジットカードです。